仕事に行くと病んでしまうのは私だけ?



arigato_line ARIGATO♡ ”今すぐ相談したい!”という女性は上のLINEをクリックし友だち追加してもらえれば相談可能です。

仕事に行くと病んでしまいます…という相談をいただきます。

確かに風俗は病みやすいお仕事です。

しかしこの仕事をしなければいけない理由がある女の子がほとんどなので、できる限り病まないようにする方法を考えていきましょう。

 


病む理由と対策を探す

 

攻めるのが苦手な女の子が攻め重視のプレイばかりさせられるのは辛いですし、逆に攻められるのが苦手な女の子が受け身ばかりなのも心身ともに疲れます。

 

できるだけ触られたくない女の子は攻め重視のプレイスタイルだとわかるように、受け身が基本の女の子は受け身大好きだとわかるように写メ日記の内容を工夫してみましょう。

 

そうする事でそれぞれのプレイスタイルが好きな男性が選んでくれる率が上がります。

 

痴女などのコンセプト店を上手く利用するのもアリ。

 

また、嫌な事をされてばかりの1日だったのに精算の時に貰えるお金が僅かだとそれだけで一気に病んでしまうことに。

 

嫌なお客さん多かったけどそんな事を吹き飛ばすようなお給料がもらえれば、稼げたしまぁいいかと割り切れることもあります。

 

稼ぐためにこのお仕事をしているので、 少しでも多く稼げるようなお店で働くことで病むスピードを遅らせる事が可能です。

 

一定金額稼げたらお休みを取るような勤務をしていると、身体と心の疲れがピークになるのを防いでくれます。

 

思うように稼げない場合、稼ぐまで休めないので病むスピードは速くなり、結果次のお仕事にも行けないほどまで病んでしまいます。

 

お金がないのに仕事に行けないとなるとますます病んで負のループになってしまいます。

 

稼げる事でストレスを減らす

 

沢山稼ぐことでお金のストレスを減らし、上手く休みを取り入れながらお仕事ができる環境をつくると病み難くなります。

その為にも今動いている店舗、自分に合った店舗で働くようにしましょう。

ご相談はいつでも受け付けてますのでお気軽に!


(ARIGATO♡)

私たち女性スタッフは24時間/365日いつでもあなたからのご相談をお待ちしております。

”誰にも相談できないお仕事”だからこそ一緒に悩み”ベストな解決方法”を必ずご提案します。


Save your life

聞きたい言葉はあなたの「ARIGATO♡

一人で悩まず今すぐClick↓↓
arigato_line


こんな感じでLINEいただいてます↓↓ toiawase

 

西日本エリアにお住まいの女性はこちらのLINEからお問い合わせください♪ arigato_line