風俗店に提出した住民票を返してほしい!



arigato_line ARIGATO♡ ”今すぐ相談したい!”という女性は上のLINEをクリックし友だち追加してもらえれば相談可能です。

退店するときの住民票についてのご相談を頂きました。


風俗店で働いている女性は「本籍地記載の住民票+免許証」などなんらかの写真付き身分証の提出をしていると思います。

※住民票の必要がない店舗でも必ず「顔写真付き」の身分証が必要となります。原則として本籍地記載の住民票が必要にはなりますがこれは各地域の所轄(生活安全課)の管理体制によって異なります。

東京で仕事するときは免許証だけでよかったのに名古屋で仕事するときに「本籍地記載の住民票」の提示を求められるのは上記のような理由からです。

※身分証が不要な店舗はその時点で違法店舗です。

面接などでもし確認されなければ「援デリ」もしくは許可をもらっていない店舗でどちらにせよまともではないのですぐに連絡を経ちましょう。

 

何故身分証が必要なのか?

 

18歳未満を雇ってしまい、それがもし所轄の警察にバレてしまうと風営法違反になり、店舗側は数ヶ月の営業停止などのペナルティーが生じてしまうため必ずキャストの身分証の確認は行います。

また、外国人かどうかの確認(外国人が日本国内で働く場合は外国人登録証(在留カード)も必要になります。永住権を持っている方であれば問題なく仕事ができますが、外国人登録証では働かせてくれない店舗もありますので注意)も必要になります。

 

従業員名簿の存在

風俗店には従業員名簿というものがあるのはご存知ですか?

風俗店で働く女性の身分証の写しは従業員名簿と一緒に3年間保管する事が法律で義務付けられています。

ですので、入店時に店舗に提出した書類を「辞めるから返して」と言ってもそれは認めてもらえません。

「営業許可店舗」であれば身分証を残していたからといって個人情報を悪用される事はまずありません。

身分証の悪用は違法ですので、許可店舗がわざわざ逮捕されるようなリスクをおかす必要があるとは思えませんね。

※これまでにキャストが身分証を偽装したケースは数回ありますが、店舗側が悪用したケースは一回もありませんので

どうしても住民票や身分証を出したくない女性は風俗店で働くことを諦めるしかありません。

身分証の必要のない違法店舗で働いて摘発された時の方がリスクは大きいということを覚えておいてくださいね。

(ARIGATO♡)

私たち女性スタッフは24時間/365日いつでもあなたからのご相談をお待ちしております。

”誰にも相談できないお仕事”だからこそ一緒に悩み”ベストな解決方法”を必ずご提案します。


Save your life

聞きたい言葉はあなたの「ARIGATO♡

一人で悩まず今すぐClick↓↓
arigato_line


こんな感じでLINEいただいてます↓↓ toiawase

 

西日本エリアにお住まいの女性はこちらのLINEからお問い合わせください♪ arigato_line